事業内容

最新テクノロジー

カーナビゲーションは、交通ネットワーク新時代の中核を担う最先端技術の結晶。 インターネットを利用した配信技術のさらなる進化、クルマのハードウェアと連携した画期的なアシスト技術など、私たちは高い技術とチームワークでカーナビゲーションの未来をリードしています。

ネットと連携し、最新地図を配信「マップオンデマンド(地図差分配信)」

携帯電話やインターネットなどと連携し、主要道路や自宅・目的地付近の地図の変更部分をリアルタイムに地図に反映。 これまでカーナビの地図は年1〜2回程度の更新でしたが、常に最新地図が見られるようになりました。 今後は道路以外の様々な情報を配信するさらなる進化が期待されています。

道路状況を判断し、自動シフトチェンジ「ナビマチック」

カーナビの地図情報から前方の道路情報を分析し、地形に合わせてATの変速制御を行うシステムがアイシン・エィ・ダブリュ(株)で開発された「ナビマチック」。 これによりブレーキ踏量の減少や無駄なキックダウンを抑制し、スムーズで安定したドライブを実現しています。

一時停止を知らせ、安心をアシスト「ナビ協調一時停止情報提供」

前方の一時停止を画面表示と音声で案内。 一時停止線に近づいても減速行動を始めないと音声で注意を喚起し、さらに注意喚起後のドライバーの急ブレーキ操作に対して減速支援(ブレーキアシスト)します。 事故を未然に防ぎ、ドライバーの安心をサポートするシステムです。

ページの先頭へ