For a Better Tomorrow AISIN GROUP

AWグループの車両情報技術開発に特化したソフトウェア会社
株式会社エィ・ダブリュ・ソフトウェア

エィ・ダブリュ・ソフトウェア

事業内容

次世代要素技術開発

次世代の領域に果敢に挑戦し、
自ら時代を切り開く

カーナビはクルマの頭脳として進化していかなければなりません。従来の地図データベースの静的情報だけではなく、路面状況・天候・事故・工事・渋滞など刻々と変化する人とクルマの動きなどのビックデータを解析する機能や、その結果や人工知能を使用して瞬時にクルマに情報を伝達し理想的な走行ルートを提供する技術、さらには画像認識を使い今どのレーンを走っていて周りにクルマや人がどれだけいるのかを高精度で認識する技術、人とクルマをつなぐ優しいインターフェース技術など。その先に見えるのが自動運転。今後もいままで培ってきた車両情報技術を武器に、失敗を恐れず常に高い目標に向かって技術を磨き、挑戦し続けていきます。

3次元地図データベース開発

高精度3次元スキャナを用いて道路や建造物をデジタイズして取り込んだデータを画像処理し、地図データベースを生成します。生成されたデータは自動運転に必要な周辺状況を把握するために利用されます。

高精度ロケーション技術

高精度な位置情報の取得は、自動運転の実現に必要な技術です。車両に搭載される様々なカメラやセンサー類を駆使して得た情報と高精度地図データベースとを照合することで、誤差を極限まで少なくすることを目指します。

人工知能開発

自動運転の実現には欠かせない人工知能の開発にも取り組んでいます。周囲の状況を的確に把握し、素早い状況判断と高精度な予測を行うことは、自動運転の安全性を確保するのに必要な要素技術です。

自動運転実証実験

開発した要素技術は、市販車や小型モビリティを使用してテストを行い、上流工程へのフィードバックを繰り返すことでレベルアップを目指します。自治体と共同で公道での実証実験も行っています。