採用情報

採用Q&A

採用に関して、よくお寄せいただく質問と回答をまとめました。

会社について

Q.親会社アイシン・エィ・ダブリュのソフト開発部との違いはどんなところですか?
ものづくりという点で違いはありません。
アイシン・エィ・ダブリュのおひざ元の岡崎事業所では、アイシン・エィ・ダブリュ社員と共に上流工程である仕様設計から関わったりトヨタ自動車や海外顧客との技術打ち合せなどへ参加するなど会社の違いを意識することなく同じチームとして開発を進めております。 又、札幌本社では、一歩進んだ先行開発を任されるなど拠点ごとの強みを活かして世界No.1ナビの開発に貢献しております。
Q.女性社員の比率はどのくらいですか?
全社で約5%となっております。
※2016年4月現在
Q.社員の定着率はどれぐらいでしょうか?
過去5年間で入社3年以内での退職者は2名のみの定着率97%となっております。
Q.平均年齢は?
会社全体で35.0歳です。
PAGE TOP

応募条件関連

Q.応募にあたって文系、理系の制限はありますか?
文系である理由だけで不採用になることはありません。文系の方もたくさん活躍しております。
カーナビゲーションのソフトウェアを開発するソフト・エンジニア(システム・エンジニア、プログラマー)という職種であるため、カーナビゲーションやシステム設計、プログラミングへの興味があり、新しいカーナビゲーションを開発することで世の中に貢献したいと思う方からの応募お待ちしております。
Q.応募にあたって必要な資格はありますか?
特に必要な資格はありません。
「基本情報技術者試験」、「応用情報技術者試験」などの情報処理資格取得をした努力やそれを活かして弊社で何をやりたいかという点については評価の参考にしたいと考えます。
Q.大学の成績はどのくらい重視されますか?
成績は良いことにこしたことはありませんが、選考はあくまでも人物本位の面接重視となります。
参考として、応募書類として「成績証明書」はご提出いただくことになります。
Q.語学力はどの程度必要でしょうか?
入社後、海外出張などで語学力を活かす場面がでてくることはあります。 その際、通訳を通さずにコミュニケーションをとれるとより業務がスムースになることでしょう。
PAGE TOP

待遇・福利厚生関連

Q.教育制度について教えてください。
新入社員研修や階層別教育などさまざまな研修で社員のスキルアップを支援します。詳しくは『教育制度について』をご覧下さい。
Q.勤務地や配属先はどのように決められますか?
基本的に地区別の採用を行っております。選考時に札幌か愛知県内の勤務地希望を伺っています。配属先については、本人の希望と適性と配属ニーズを考慮して決定しています。
Q.転勤の可能性はありますか?
転勤の可能性はあります。 頻度としては少ないですが、個人の技術力強化・事業ニーズ・グループ間の出向などの理由により、札幌-岡崎間や海外などへ長期出張や転勤などが主に行われます。
(現在の転勤者は札幌-岡崎間で10名・海外1名程度です)
Q.寮はありますか?
寮は用意しておりませんが、生活補助手当として「住宅手当」「地域手当」を基本給とは別に支給させていただいております。
住宅手当(全社員共通):1万円/月 札幌地域手当:13,750~4,575円/月 愛知地域手当:18,750~6,250円/月 各地域手当は、扶養者有無、一人暮らしか親元かによって支給額が変わります。
Q.社宅はありますか?
転居を伴う転勤の際、借り上げ社宅を用意させていただいております。
Q.結婚や出産後も勤務できますか?
結婚、出産後も安心して働いたり、能力を発揮いただける環境とするべく育児休業制度を設けています。
育児休業制度を利用して復職し、復職後は短時間労働措置制度を利用していただいている実績もございます。
Q.平均残業を含めたモデル年収を教えてください。
26歳で月平均30Hの残業で考えますと、約507万円ぐらいです。
Q.結構、残業するみたいなんですけど 残業手当って全額もらえるんですか?
全額支給します。
Q.かなり忙しいそうなんですけど、有休って取れるんですか?
従業員が有休を取得できるよう、会社として様々な施策を行っております。
これにより、昨年の平均有休取得日数は18.6日となっております。
Q.フレックスタイム制度は自由に使えますか?
原則、新卒者の方は見習い期間(3ヶ月)終了後、経験者の方は社会経験を考慮して入社後に対象となり、業務に支障がない範囲で自由に使うことができます。
PAGE TOP

実際の業務について

Q.残業時間はどのくらいですか?
個人によって、また時期によって違いますが、平均で30時間前後です。
NO残業デーを設けるなど残業時間低減に向けての取り組みを行っています。
基本的に月の残業時間は、45時間以下に抑えるようにしています。 業務の都合上45時間を越えて残業しなければいけない場合でも上限60時間、年6回を限度にするようにしています。
Q.実際の業務はどのような感じでしょうか?
入社1年目、3年目社員のある一日は次のように進めてます。
【1年目のN君(アプリソフト開発)】
9:00 出社
9:00~9:30 メールチェック、1日のスケジュール整理
9:30~11:00 仕様調査
11:00~12:40 プログラミング
12:40~13:40 昼食
13:40~16:30 単体テスト、結合テスト
16:30~17:00 織り込み
17:00~19:30 単体テスト、結合テスト
19:30~20:30 ドキュメント作成
20:30 帰宅
【1年目のI君(データベース開発)】
9:00 出社
9:00~9:30 メールチェック、1日のスケジュール整理
9:30~11:30 仕様調査/分析
11:30~12:40 チームミーティング
12:40~13:40 昼食
13:40~16:00 ドキュメント作成、プログラミング
16:00~17:00 レビュー・ミーティング等
17:00~20:00 テスト、ドキュメント作成
20:00~20:30 進捗管理
20:30 帰宅
【3年目のK君(アプリソフト開発)】
9:30 出社
9:30~10:30 メールチェック、1日のスケジュール整理
10:30~12:40 仕様調査、設計
12:40~13:40 昼食
13:40~16:00 コーディング・デバック
16:00~18:00 顧客打ち合わせ(TV会議)
18:00~20:00 コーディング・デバック
20:00~20:30 協力会社の進捗確認
20:30 帰宅
【3年目のS君(データベース開発)】
9:30 出社
9:30~11:30 設計・プログラミング
11:30~12:40 予定外対応(メール対応・質問相談等)
12:40~13:40 昼食
13:40~14:30 ミーティング
14:30~19:00 プログラミング・テスト・ドキュメント作成
19:00~20:30 レビュー・その他ミーティング
20:30 帰宅
ページの先頭へ